Untitled
drhaniwa:

模造紙の正しい貼り方
chptr22:

https://twitter.com/yakisoba/status/458576149330014209

prostheticknowledge:

voLumen

3D volumetric light display by Maximilian Mali can display animated 3D forms using POV method - video embedded below:

voLumen is a volumetric three dimensional LED display device. Its purpose is to project volumetric animations onto eyes of a human spectator …

… By quickly rotating thousands of LEDs around a common axis using a precise microprocessor-control-logic magic becomes a simple principle. The persistance of vision of the human eye enables the impression of a solid volumetric object. Using a speacially developed PC-Conversion software, animations and contents can be easily generated from 3D-Modelling/CAD software with just the press of a button! voLumen can be connected to a PC via USB to transfer the data to the 16GBytes of internal high-speed solid-state memory, which allows enough space for 36 minutes of smooth volumetric colourized 3D playback!

More Here

 パンの材料は小麦で、これは土地が肥えていないとできない。だから、ドイツなど
北の方はいわゆるパンは食べられない。そういうところではライ麦を作って、黒パン
を作って食べる。黒パンは、普通のパンよりもまずいもので、「アルプスの少女ハイ
ジ」で黒パンがすごくおいしそうに描かれているけれども、実際はまずいもの。日本
で売っている黒パンは、白パンにカラメルで色を付けたもので、別物。日本人だと
まずくて食べられないそうです。
 ライ麦も作れない所はそばを作り、それを粉に引きクレープを作る。今でこそクレ
ープはおしゃれな食べ物だけれども、本来は貧乏で悲惨な食べ物。なお、クレープは
あの皮に果物を挟んだもので、野菜や肉を挟んだものはガレットという。
 あるいは大麦を作りそれを粥にして食べる。オートミールといい、これもおいしく
ない。大きな食料品店に売っているので、一度食べてみるのも一興だと思う。

 ヨーロッパは料理がかなり発展しているが、この理由として、ろくに食べるものが
なく、新鮮なものも手に入りにくかったため、半腐りの食べられそうにないものをい
かに食べるか、という要求によるもの。だから、原形をとどめないほど手を加えたり、
非常に味の濃いものが多い。シチューなどが典型的。ソースが発展したのも同様の理
由。
 中世は新大陸発見以前なので、当然新大陸原産のトマト・トウモロコシ・チリペッ
パー・じゃがいも・サツマイモはない。ヨーロッパの食生活からこれらを抜くと、い
ったい何を食べていたのか想像がつくだろう。すなわち、ほとんど食べるものがない
ということ。せいぜい、野菜はキャベツやカブ・人参などくらいだった。新大陸発見
でヨーロッパにやせた土地でもできるジャガイモが伝わり、ヨーロッパ人の多くが救
われた。

 農業形態は三圃式という。土地がやせているので、土地を三つに分け、一つで穀
物を作り、もう一つではカブを作る。もう一つでは土地を休ませ、そこに牛などを
放し地力の回復を行う。穀物は、北では大麦やえん麦、南では小麦などをつくる。
で、このパターンを一年で一つずつずらし、三年で一回りする。なぜ、こんなめん
どくさいことをするかというと、緯度が北なので太陽光線が弱く生物の死骸が分解
しにくいことと、氷河期の影響で表面の豊かな土壌が削り取られたため、土地が
やせているから。
テレビから血液クレンジングというワードが聞こえてきた。血液抜いてオゾンを通して戻すと褐色からきれいな赤色になるとか言ってるので調べたらやっぱなんか怪しい感じだった。ネットで拾ったコメントとしては「それ肺でやってるよ」ってのがぐっときた。
Twitter / gdno (via ashitatsu)
yuria1224:

Twitter / kazusa12: 今後も使えそうな1枚 …
平安時代の小説とか読んでみると、貧乏人の心が綺麗みたいなのはほとんど出てきません。貴族が最高だし貧民は人間ではないってことになってる
日本のGDPってバブルの時より上がってるのに、なんでお給料は増えへんの?
Twitter / twdshamano (via igi)
みんな来た道ばかり気にする。
本当は行き先のほうが大事なんだ。
John Dillinger on Public Enemies (via takoratta) (via yanbe) (via masaka)
2009-12-25 (via gkojay) (via takaakik) (via dannnao) (via kml) (via pipco) (via tsubasa-h) (via nemoi) (via melancholicexotica) (via playwith) (via ral-f) (via ayu-me) (via etau0422) (via technerd-org) (via reblogeek) (via 1s8nqj) (via tkashiwagi) (via mr-moai) (via yellowblog) (via konishiroku) (via mnky) (via takojima) (via mizushike) (via takeori)
修学旅行生の団体に「牛丼のサンボはどこですか?」と聞かれました、時間があったので一緒にサンボへ向かっている最中に色々話をしたのですが、やはりシュタインズ・ゲートの影響だったようで「秋葉原に行ってドクターペッパーを飲んでサンボの牛丼を食べるのが本当に憧れでした」と話していました
合コンで29歳の女が「ピンクのスカート履いてったら若い女の子だからって『似合うねえ』って課長がセクハラするの。最低」と言った所、後輩たちが「29歳は若い女の子じゃない」「場違いなスカートを履いて行った事を遠回しに注意したのでは?」彼らの冷静な分析のお陰で合コンが修羅場と化した
司法浪人があまりにも長かったので、合格した時元カレからお祝いメールがきたりした。曰く、「合格おめでとう!嫁も彼女も喜んでいます!」。将来の依頼者候補だなと思った。
年に何度か朝方に人が立てない、ベッドに接した壁側や窓側から突かれて起こされた
怪奇スレで話したらゴキブリの可能性があるというから次の日からホイホイ置いたら
10匹くらい取れてて色々アウト気味

年収が高い群ほど正答率が高い傾向がみられます。右上がりになるのは間違いないと思っていましたが,ここまでクリアーに出るとは驚きです。モヤモヤとしていた印象が,はっきりと「見える化」されました。

 参考書や通塾の費用負担能力,自室などの勉学環境の有無…。家庭の経済状況と子どもの学力の関連経路はいろいろ想起されます。

 また,文化的な要因も無視できません。抽象度の高い学校知に親しみやすいのは,どういう家庭の子どもか。書籍が多くある,美術鑑賞などに頻繁に連れて行ってもらえる…こんな家庭でしょう。ブルデューは,こうした文化資本を媒介して,親から子へと地位が「再生産」される過程を暴いてみせました(文化的再生産)。